うっかり日焼けで首周りだけ真っ黒

真夏に職場の仲間とバーベキューに行ったときのことです。
日頃から日焼けには気を付けていたので、その日も顔はもちろん手や脚にもSPF30以上の日焼け止めを塗って行きました。
ところが、顔のケアを念入りにするあまり、首周りのケアをすっかり忘れたまま行ってしまったことが、後から痛い目をみる原因に
なってしまったのです。
広い森をテーマにした公園の一角にあるバーベキュー場でバーベキューを楽しんだ後、せっかくだから公園内を見て回ろうということになり、
真夏の強い日差しの中、2時間くらい皆で歩いたでしょうか。途中で撮った写真を見てみると、すでにそのとき私の首回りはしっかり日焼けで
赤くなっていました。その日も35度に迫る暑さだったので、髪をまとめていて首周りは何にも守られていなかったのも良くなかったのでしょう。
だんだん首周りに痛みを感じるようになりました。それはまさしく火傷の痛みです。日射しを遮るものがほとんどないところを、日傘も帽子も
なく、日焼け止めも塗るのを忘れた無防備な状態で2時間以上も歩き回っていれば当然ですね。
帰宅してから急いで冷やしましたが、赤味はなかなか引いてくれず、シャワーの水圧さえ刺激になりヒリヒリとする痛みに困りました。
首周りだけが不自然に日焼けしてるのは見た目にも恥ずかしく、自分の無防備さを反省しましたが、あの日は今でも心に残っているくらい楽しい一日だったので、
不自然な日焼けも今では懐かしい夏の想い出です。しっかり脱毛もしていたのでよかったです。脱毛はここでしたのですがよかったですよ!http://xn--2ck9csa7294bkpbnwdv93h.com/